スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
炭酸水 サンブノワ
やっと明るい空が戻って来ましたね!

こんな青空時に、私が飲みたくなるのが、

こちら
stbenoit.jpg
「サンブノワ」という名前の炭酸水です。

炭酸水はヨーロッパに行けば、普通のミネラルウォーターや
ジュースと並んで、ごく当たり前に店頭に並んでいます。

ヨーロッパ旅行をした時に、レストランでお水を注文して、お店の人に
何か聞かれたけど、何を言っているのか良く分からない。
適当に相槌を打っておいたら、出てきたのが炭酸水だった・・・
なんて苦い経験をされた方も、いらっしゃるかもしれませんね。

というのも、炭酸水は名前の通り、通常、水に炭酸が加えてあるだけ。
甘みも何もないので、好き嫌いがはっきり分かれます。

しかし、うちの姪っ子は、私の影響で?炭酸水が大のお気に入り。
砂糖がたっぷり含まれたジュースを飲むより、こちらの方が健康的なので、
いつも分けてあげていますが、本人はジュース感覚なのでしょうか?

炭酸水は、シロップなどを割って飲むのも、かなりおすすめです。
去年ご紹介した、ジンジャーシロップを使えば、自家製ジンジャーエールが簡単に
作れます。

ただ、私は、そのまま飲むことの方が多いかな。
お酒があまり飲めない私は、外食をした時に、お酒代わりにもよく炭酸水を
飲みます。
甘いジュースを飲むと、料理の味がわからなくなってしまうのが、苦手なんですよね。


ここで、炭酸水に関する豆知識を1つ。
私も最近初めて知ったのですが、市販されているほとんどの炭酸水は、
お水に後から炭酸(二酸化炭素)を添加したものだそうです。

私もずいぶん昔に、一度訪れたことがありますが、大分の白水鉱泉は、
日本でも珍しい天然炭酸水の鉱泉です。
確かに天然の炭酸水は、生まれたて!という感じがして、かなり美味しかったです。
でもここの水も、残念ながら市場には出回っていませんもんね。

ヨーロッパには、日本よりもかなり多くの炭酸泉があるようですが、
やはり商品化するのは難しいんでしょうね。

ということで、一般的には、炭酸を添加した物が主流のようです。

ちなみに「サンブノワ」は、フランスの、お城が点在していることで有名な、
ロワール地方で採取されたミネラルウォーターに、炭酸が添加されたものです。

炭酸がやや強めになっていますが、一度開けると炭酸が抜けやすいので、
早めに飲まれることをおすすめします。

炭酸以外の物も添加した商品もあるようなので、気になる方は、買う時に
原材料のところを見てみてくださいね。

さて、脇山では彼岸花が花盛り。
明日からの三連休、ぜひ皆様のお越しをお待ちしています。

|商品情報 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。