スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
続・タンポポコーヒー
先日無事に大収穫となったタンポポですが、これからの
作業もまた一苦労です。

ところで、タンポポコーヒーを作るには、どこの部分が
必要かご存知ですか?

大人でも知らない人が多いのに、昨日タンポポを探すのに
すごく苦労したという話を、6歳と3歳になる姪っ子達に
したところ、「タンポポが沢山咲くとこいっぱい知ってるもん、
まだお花は咲いてないけど、根っこがいるんでしょ?」と
当たり前のように言っていたのには、正直びっくりしました。
これも、「ごちそうさん」の影響なのでしょうか?

そうです、タンポポコーヒーは根っこから作られます。

まずはタンポポの葉を落として、根っこをしっかり洗って、
ひげ根を取ります。

出来上がったのがこちら。
racine.jpg
まるでごぼうのようですね。
これでだいたい350グラムです。

しかし、この根っこについた土を落とすという作業が、またまた
ものすごく大変なのです。
ザーッと洗っただけではもちろん落ちるわけもなく、タワシでこすり、
細かいところは歯ブラシを使って落とすというとても面倒臭い作業を
延々とこなします。
いやぁ、野菜を出荷している農家さんの苦労が身に沁みますよ。

そして、きれいになった根っこを今度は包丁で細かくカットしました。
racine2.jpg
これはサクサク切れるので、結構楽しかったです。

ここまで出来たら、2、3日天日干しして、しっかり乾かします。

350グラムあった根っこが、どこまで軽くなるのか?
これで何倍のコーヒーを飲めるのか?
美味しいコーヒーが本当に出来るのか?

不安と期待でいっぱいです。

つづく


ラ ポルト プチオープン

日時:3月28日(金)、3月29日(土) 12時~17時

住所:福岡市早良区大字脇山592-5
   西鉄バス「城の原」バス停前
   駐車場完備

   お店までの詳しい道のりは、こちらをご覧ください→click!

ミツロウリップクリーム作りも出来ます。

お問い合わせは、このブログの左下にあるメールフォームから
お願いいたします。

 


|日常 | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。