スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
油山椿油しぼり
3月のことになりますが、油山市民の森で、年に一度のイベント
「椿油しぼり」が行われるということで、初めて見学に行ってきました。

ちなみに、油山の名前の由来は、聖武天皇のころ、西域から渡来した
僧清賀上人が、この地に一大法域をつくり、このときにツバキの実から
油をしぼって燈火にすることを教えたことに由来するといわれている
そうです。
油山は小さな頃から、父に山登りに連れて行ってもらったり、学校の行事で
登ったり、大人になれば夜景を見に行ったりと、とても馴染みのある山ですが、
こんないわれがあったなんて知らなかった。


ラ ポルトでは、Drエバーハルトの商品として、ホホバオイルやアルガンオイル
など、沢山のキャリアオイルを取り扱っています。

お客様には「キャリアオイルは身体に塗っても安心な、冷圧搾のものをお勧め
します」と、いつもご説明していますが、キャリアオイルが実際にどうやって
作られるのかは見たことがなかったので、興味津々で行って参りました。


では、椿油が出来るまでを、順を追って見ていきたいと思います。

まずは、「粉砕」
ecraser
踏み臼という、昔ながらの大きな機械?を使って、餅つきの要領で
椿の種を細かく刻みます。

近くで見ると、こんな感じです。
usu
臼は餅つき用の臼にそっくりですが、椿油専用の物だそうです。
おそらく餅つき用の物より深めになっているんだと思います。

ぎっこんばったん、結構のんびりとした感じで、種が少しずつ砕かれて
いきます。

次は「蒸し」
vapeur
これまた、餅つきにそっくりですね。

砕かれた種を、ふるいにかけて、ある程度殻を選り分けた後で、蒸し器に
入れ、20分ほど蒸し上げます。

最後に「圧搾」
yuatujakki
蒸しあがった種子を、この圧搾機(油圧ジャッキ)に入れて、圧力を
かけます。

すると、しばらくして、コックを回すと、
CIMG1421_convert_20140706001049.jpg
中から出て来ました~、黄色い一番搾りの椿油が!

ちょうど知り合いのおじちゃんがいて、この一番搾りをなめさせて
くれたのですが、椿油特有の臭みも全く感じられず、とてもフレッシュな
香りと、サラーッとした味覚で、一緒に行った妹と顔を見合わせて
すごく美味しいね~!と感動を分かち合いました。

1つ1つの工程を大切にして、丁寧な作業を重ね作られたものは、
やぱりはっきりとした違いが出るんだなということが、良く理解できた
1日でした。

Drエバーハルトのキャリアオイルがどのようにして作られているのかも、
ちょっと勉強して、またお伝えできたらと思います。



「ラ ポルト プチオープン」

日時:7月25日(金)、7月26日(土) 12時~17時

場所:福岡市早良区大字脇山592-5
   西鉄バス「城の原」バス停前
   駐車場完備

お店までの詳しい道のりは、こちらをご覧ください→click!
認知症予防のスプレーやミツロウリップクリーム作りも出来ます。


「ヘアケアスプレー作り at コテージガーデン」

日 時:7月13日(日) 11時~16時
場 所:福岡市城南区東油山3-21-18
所要時間:30分程度
  説明をしながら30分程度で作れます。
  お申込みの際ご希望の時間をお伝え下さい。
 参加費:700円

当日の飛び入り参加もOKですが、ご希望の時間をコテージさんに
直接お申込みいただくか、このブログのメールフォームから、事前に
ご連絡をいただけたら、嬉しいです。

コテージ・ガーデン 
 TEL 092-210-9916 


「朝倉エコレ エコレ市」

日  時:7月27日(日) 10時~17時
場  所:筑紫野市針摺中央1丁目3-29
     TEL 092-556-6100
     当日は駐車場のご用意はありませんので、近隣の
     コインパーキングをご利用ください

アロマスプレー作り(認知症予防、虫よけ、デオドラント)


お問い合わせ等はこのブログのメールフォームからお願いします。

            
|Drエバーハルト | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。