スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
ティートリー・ウォーター
今日はあまりにもじめじめとした日が続くため、気持ち
だけでも涼しくなりたいと思い、Drエバーハルトの
フローラル・ウォーター、ティートリー・ウォーターを
ご紹介させていただきます。
P1070322_convert_20140807172501.jpg

Drエバーハルトのフローラル・ウォーターには、現在
ネロリ、カモミール、ティートリーの3種類があると、
先日のブログでもお伝えしましたね。

エッセンシャルオイルを抽出するには、例えばネロリなら、
花の部分を蒸して、発生した蒸気の中から油分のみを
抽出します。

この時抽出した油分をエッセンシャルオイルというのに
対して、水分はフローラル・ウォーターと言います。
フローラル・ウォーターには、エッセンシャルオイルには
ない、植物の水溶性の成分が含まれています。

肌に優しく、化粧水や、小さいお子様・お年寄にも安心して
おすすめできるので、ラ ポルトでも人気のある商品です。


さて、ではティートリーとはなんでしょうか。
ティートリーはオーストラリアに生育するフトモモ科
(メラルーカ)の植物です。
フトモモ科の植物(ユーカリ、カユプテ、ニアウリなど)
はすべて抗菌作用が強力です。

特にティートリーは、オーストラリアの先住民族の
アボリジニの人々の生活に根付いた植物で、古くから
この葉を砕いてケガや皮膚の治療などに使われて
きたそうです。


6月のエコレ市の時に、出店者のママさん達が、
このティートリーの香りにかなり反応して、「懐かし~い♪」
と口々に言っていたので、どうして懐かしいのかな?と
思ったら、皆さん助産院で出産した時に、赤ちゃんの
おへそに消毒として、ティートリーが塗られていたそうです。

このママさん達は、ティートリーの香りを嗅ぐたびに、
お子さんが生まれた時に感じた幸福感を瞬時に思い出すことが
出来るんでしょうね。
羨ましいな~。
これが、香りが記憶に結びつくことでもたらす、精油の大きな
魅力の1つでもあります。

スーッとする香りが、ちょっと薬っぽい香りにもつながるようで、
この香りをあまり好まれない方もたまにいらっしゃいますが、
Drエバーハルトのティートリー・ウォーターの優しい香りは、
私はお気に入りです。


使い方としては、お子様がけがをした時、湿疹、あせも、
水ぼうそう、イボなどのケアなどがあります。

先日も姪っ子達が、一斉に水イボにかかってしまったので、
私もこのティートリー・ウォーターをプレゼントして、使って
もらいました。

また、お顔のニキビが気になる、お年頃のお子さんにも
おすすめですよ。

ティートリー・ウォーターについては、なかなか語りつくせない
ので、今日はここまでにしておいて、次回は、このティートリー・
ウォーターのお父さん達にもおすすめの使い方をご紹介させて
いただきますね。




「ラ ポルト プチオープン」

日時:8月29日(金)、8月30日(土) 12時~17時

場所:福岡市早良区大字脇山592-5
   西鉄バス「城の原」バス停前
   駐車場完備

お店までの詳しい道のりは、こちらをご覧ください→click!
認知症予防のスプレーやミツロウリップクリーム作りも出来ます。


「虫刺され用クリーム作り at コテージガーデン」

日 時:8月31日(日) 11時~16時
場 所:福岡市城南区東油山3-21-18
所要時間:30分程度
  説明をしながら30分程度で作れます。
  お申込みの際ご希望の時間をお伝え下さい。
 参加費:600円

当日の飛び入り参加もOKですが、ご希望の時間をコテージさんに
直接お申込みいただくか、このブログのメールフォームから、事前に
ご連絡をいただけたら、嬉しいです。

コテージ・ガーデン 
 TEL 092-210-9916 


お問い合わせ等はこのブログのメールフォームからお願いします。

            
|Drエバーハルト | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。