スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
ティートリー・ウォーター つづき
先日のティートリー・ウォーターのお話の続きです。

ティートリーはオーストラリア原産の植物ですが、実は脇山にも生息しています!
P1070317_convert_20140807173529.jpg

脇山のお友達の家に、ティートリーの木があるのを思い出して、写真を撮らせてもらいました。
結構大きな木です。

葉っぱは、ティートリー・ウォーターのラベルのまんまですね。
香り同様、色合いと良い、とても爽やかです。
P1070318_convert_20140807213401.jpg


さて、前回はティートリーウォーターの、お子様への使い方を色々ご紹介しましたが、今回は大人編です。

アロマの香りは、なかなか男性の方には受け入れられないことが多いですね。奥様はアロマが大好きでも、ご主人はちょっと香りを嗅いだだけで顔をそむけてしまう、なんてことも良くある話です。

そんな中で、ティートリーは男性も比較的抵抗を感じないさっぱりした香りですので、男性の髭剃り後のお肌のケアには最適なんです。

アロマ自体にはほとんど興味がない私の叔父も、肌があまり強くなく、カミソリ負けをしたりするため、これは長年愛用してくれています。

男性にDrエバーハルトの商品の中から、何かプレゼントをする時には、私も良くティートリー・ウォーターをセレクトします。
そうすると、皆さん結構喜んで使ってくださっているようです。


さらに、これは口腔内のケアにも最適です。

内輪の話ばかりになりますが、病気明けの父親が口内炎に悩んでいたので、コップ一杯の水に2プッシュ程度入れて
うがいをするように勧めてみました。

珍しいことに、父が素直に使い続けてくれました。そして、使い始めてしばらく経った頃、市販のうがい薬よりも、使った後、口の中に自然な爽やかさが残って良いなぁという褒め言葉をくれました。

今までほとんどアロマに興味を示さなかったというか、どちらかと言うと、香りを嫌っていた父から、こんな言葉を聞けたことからして驚きです。
やはり病気をすると本質的な物を、身体が求めるのではないのかなとも思っています。

今後は、父がなにかと良い実験台になってくれそうです♪


ティートリーはラベンダー同様、原液を肌につけられる、数少ない精油の1つですが、やはり肌が弱い方は控えた方が良いと思います。

その点、このティートリー・ウォーターは肌に直接使うことを目的としているので、安心しておすすめできる商品です。

お店にテスターもご用意していますので、ぜひお試しになってみてください。


そうそう、忘れていましたが、お父さんの水虫のケアにも使えますよ。
これが一番ポイントが高いかもしれませんね!



「ラ ポルト プチオープン」

日時:8月29日(金)、8月30日(土) 12時~17時

場所:福岡市早良区大字脇山592-5
   西鉄バス「城の原」バス停前
   駐車場完備

お店までの詳しい道のりは、こちらをご覧ください→click!
認知症予防のスプレーやミツロウリップクリーム作りも出来ます。


「虫刺され用クリーム作り at コテージガーデン」

日 時:8月31日(日) 11時~16時
場 所:福岡市城南区東油山3-21-18
所要時間:30分程度
  説明をしながら30分程度で作れます。
  お申込みの際ご希望の時間をお伝え下さい。
 参加費:600円

当日の飛び入り参加もOKですが、ご希望の時間をコテージさんに
直接お申込みいただくか、このブログのメールフォームから、事前に
ご連絡をいただけたら、嬉しいです。

コテージ・ガーデン 
 TEL 092-210-9916 


お問い合わせ等はこのブログのメールフォームからお願いします。

            
|Drエバーハルト | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。